住宅ローン金利は交渉で下げることができる?

住宅ローン金利の金利は交渉で下がるのでしょうか。
基本的には金融機関によりますが、優遇金利を適用できる人については優遇幅の中で下げてもらうことが出来るケースがあります。
ただし、これは交渉と言うか一定条件に当てはまり、金融機関がこの人ならリスクが低いので、このくらいの優遇はしても良いだろうという独自の判断で住宅ローン金利の金利を下げる意味合いが強い状況です。
ただし、公務員や大企業勤務で借入金額が少なく、物件の担保価値が高いなどの好条件が重なっている場合は交渉が出来るケースも全くないとは言えません。
金融機関も商売なのでリスクが低い顧客だと思えば、条件を緩めるかも知れません。
交渉できるか確認をしてみるだけなら、チャレンジする価値はあるかも知れません。
今後の金利動向から住宅ローンを選ぶ