シャークスチームモップって壊れやすい?

シャークスチームモップは2007年12月から2008年9月の生産ロットのものでリコールを発生させているため、一部に壊れやすいのではないという情報があることは確かです。
しかし、現在はこのようなリコールを発生させておらず、品質的にも安定しているのではないかと思われます。
ネットの口コミ情報を見ても、2009年から2010年くらいまでは、このリコールの影響からか、非常に壊れやすい製品であるという情報が多くみられると思います。
ネットの口コミ情報は確かに大きな参考になるのですが、その情報がいつ書かれたものであるのかという点も重要なことになります。
シャークスチームモップは、リコールと言う問題を起こしたことがあり、壊れやすいといイメージが一時期定着しました。
このようなイメージを払しょくするのはかなり大変なことだとは思います。
しかし、現在は30日間の返品保証、1年間の修理保証などのサービスを行っていることもあり、メンテナンス体制も整っています。
このようなメンテナンス体制を作るにあたって、製品が壊れやすかったら、売れば売るほど企業は赤字になってしまいます。
理由としては当然ですが返品、修理が発生する度に費用が発生するからです。
本当に壊れやすい商品であれば、逆にここまでのメンテナンス期間をおくということは考えづらいと思われます。
現在は、出荷に当たり1台1台、水をいれてスチーム発生までのチェックを行った上で出荷を行っているという情報もネットで確認できましたので、シャークスチームモップが壊れやすいという情報は、数年前の古い情報によるものであるといえるのではないでしょうか。