住宅ローン審査と勤続年数とは?

住宅ローン審査に勤続年数は欠かせない審査の一つです。
一般的に、勤続年数が3年以上ないと、住宅ローン審査を通すのは難しい。
と言われています。
3年とはいっても、一つの会社で3年以上いることが重要なのです。
3年ごとに会社を変えていたりしては、まったく意味がありません。
転職を繰り返していれば、信用性はなくなってしまいます。
長く一つのことを続けられるか?という事が重要な判断基準になるのです。
住宅ローン返済も、最長35年ですから、長く返済が続きますよね。
途中でやめられても困るわけですから、何でも続けられる能力がある人が選ばれます。
また、勤続年数の他に、会社の規模や創業などを調べることもあります。
これは本審査で行う事が多いです。