夜行バス&新幹線&飛行機で比較してみると

たくさんのWILLER TRAVELやオリオンバスなどの夜行バスが東京と大阪の間を行き来しています。
8時間ほどの移動で一万円に満たない料金のものが多いです。
違う手段での移動を考えてみますとオーソドックスに新幹線なら3時間で金額が14500円ほどと跳ね上がります。
飛行機で行くなら飛行時間は1時間ほどですがネックは交通の便と費用面で安くても一万円です。
このようにバスは金額的な面でのメリットが大きいことがわかります。
そのときどきで移動の際求めるものは異なるでしょうから利用する際はその目的や希望を明確にしてから選びましょう。
普通でも料金の安さがウリの高速バスですがさらに安くなるような往復料金というのはあるのでしょうか。
調べたところ行きと帰りで同じ区間乗るという場合にはさらに格安で乗車できるようなのです。
適用されるためには出発前に行き帰り分の乗車券を事前に購入しておく必要があるとのこと。
路線の中には安くならないものもあるとのことですから事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。
もともとの料金設定が安めですし割引されたらラッキー!くらいのつもりの方が良いかもしれませんね。
長距離移動にウィラートラベルやオリオンバスなどの夜行バスを利用する際お手洗いの問題は重要です。
夜行なら普段から寝ている時間帯なので気にしないという人もおられるでしょうが、どれもほぼ乗車時間が数時間を超えますから行きたくなることが全くないとは言い難いと思います。
運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうので顔が土気色になるほど何時間も我慢させられることはまあないのでしょうが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなどすぐさま行かなくてはならないという場合も可能性としては考えられます。
でもトイレ付きバスならそんな不安も吹き飛ばしてくれるでしょう。
あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。
恋人や家族、友人などとの旅行を楽しみにつらいことも我慢しているという人もおられるかもしれません。
そのために貯めたお金や獲得した休日は大切に使いたいですよね。
お得に観光するために取り入れる方法として移動手段に長距離バスを取り入れてみるというのもアリだと思います。
料金的なメリットが大きいのですが他にも選ぶ理由はあります。
昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜間の移動であれば仕事終わりに出発して目的地では朝から余裕を持ったスケジュールでまわることができます。
せっかくの遠出ならば余すところなく楽しみたいですね。

夜行バス格安vipliner人気の秘密って?大公開!【お得に予約?】